ドラッグストアが発信するビタミンCについての解説ページ

ビタミンCについて

ここでは、ビタミンCについて見ていきたいと思います。

 

ビタミンCは、果物・野菜・芋類・お茶などに多く含まれる物質です。

 

また、ビタミンCを含むお菓子やジュースなども多数出回っているので、名前くらいは知っている方が多いのではないかと思います。

 

お菓子やジュースには1個につき1000mgのビタミンCが含まれているものが多いですが、成人の場合、1日100mgを摂取すれば十分です。

 

しかしながら、普段ビタミンC入りのお菓子やジュースを摂らない人を除くと、1日90mg程度しか摂取できていないようです。

 

その理由は、ビタミンCは熱に非常に弱く、調理方法によっては半分以上のビタミンCが流失してしまうからです。 ビタミンCを含む食材は、油で調理すると流失率が低くなるのでお勧めです。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

ビタミンCには抗酸化作用があります。そのため、細胞が酸化するのを防ぎ、若さを保つ働きがあります。

 

ビタミンCは水溶性ビタミンに分類されます。そのため、摂りすぎても尿とともに排出されます。

 

ただし、一度に多量に摂取すると口の中が荒れることがありますので、ご注意下さい。 ビタミンCは少量ずつ、何回かに分けて摂ると吸収が良くなります。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸