ドラッグストアが発信するビタミンAについて:サプリメント情報局

ビタミンAについて

ビタミンAは、レバー・魚・バター・チーズ・卵・かぼちゃ・にんじん・ほうれん草などに多く含まれる物質です。

 

成人の場合、1日700μgREを摂取することが求められていますが、たいていの人はこの基準以上のビタミンAを摂取できています。

 

その理由は、ビタミンAは多数の食品の含まれているうえ、たとえビタミンAが不足したとしてもカロテノイドという物質(これは野菜に多く含まれる)を摂取すれば、体内でビタミンAを作り出すことができるからです。

 

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

ビタミンAは、目を健康に保ったり、細胞の栄養素となる役割があります。不足すると夜盲症や乾燥肌などになるリスクがあります。

 

ビタミンAは脂溶性ビタミンに分類されます。そのため、摂りすぎると体内の水分では溶けないため、体内に蓄積し、肝障害の原因となります。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

ただし、1日3000μgREまでは摂取しても問題ないとされていますので、取り過ぎが生じるのはサプリメントを使用するケースに限られます。

 

そのため、サプリメントを使用する方は、ビタミンAの不足分を算出して、その分だけを補うようにしましょう。

 

薬剤師 求人